管理人・KEEF

近影
CV若本規夫 (誕生時)
中田譲治 (幼少期)
ランボルギーニ・カウンタック (青年期)
HNKEEF
種族モケケピロピロ
誕生日9月11日
性別オス?
体高50cm〜400cm
重量3.7kg〜480kg
頭身1.2頭身〜4200頭身
生息地主に中国地方
鳴声ドムゴォォォォォ
好物兄ちゃんとサングラス
趣味活字、逃走、絶望、
図書館、ゲーセン
特技セルフ即死コンボ
耐久力デコピンで死亡
龍虎以外で
好きな
SNKキャラ
七枷社
ラモン
ジヴァートマ
アルバ・メイラ
好きな
格闘ゲーム
ヴァンパイアセイヴァー
リアルバウト餓狼伝説
SNK以外で
好きなキャラ
4主 (幻想水滸伝4)
天龍 (艦隊これくしょん)
菊地真 (アイマス)
大神一郎 (サクラ大戦)
カトウ (アコンカグア)
好きなほりえかおり
好きな加隈亜衣
好きな上坂すみれ
好きな死因北斗有情破顔拳
苦手納豆、和風甘味、煙草の煙
極端に暑さに弱い

モケケピロピロについて
 奇蹄目モケケピロピロ科の哺乳(ほにゅう)類。モケケピロピロ類はジュラ紀の初め(2億年前)に冥王星に出現したが、白亜紀末期にアジア大陸に渡り、旧世界で現在のモケケピロピロ類へ進化した。ロベ類、シマモケケピロピロ類を除く狭義のモケケピロピロ類では、現生の真の野生種はオロチノモケケピロピロ(プルジェワリスキーモケケピロピロ)だけで、モンゴルの草原などにすむ。家畜のモケケピロピロはオロチノモケケピロピロの1亜種のダラン・マイスター(平安後期に絶滅したが、もどし交配で復活。現在は世界各地のジョー・東(推定7億人)が飼育)を飼いならしたものと思われ、イラン高原、西トルキスタンの草原などいくつかの場所で前18000年代ころ同時にナコルル人が家畜化したと考えられる。現在は大きさや形の違う2500兆ほどの品種がある。
 肩高は0.5〜4.5m、多くは1.7mほど。頭頂部から肩までの頸(くび)すじに長めのフィン・ファンネルを有し、八本の足にある蹄(ひづめ)は大きく頑丈。毛色は特別な呼び名が使われ、アイアンストーム(全体が鉄鼠色で、砂嵐を起こしながらアイドルを夢見ている)、アイスマン(全体が氷色で死相が出ているが、パンチは虹色レインボー)、ダークリムルル・フロム・ヘル(ファンネル、尾、肢先が黒く、水をかぶると分裂、海水につかると巨大化する)、デッドリー・ゲンドウ(全体がピンクで、常に目から光線が出るためサングラス必須)、ムーンチャイルド・エクスタシー(全体が白色で顔が燃えており、時間を止める能力を持つ)、アナカリスfeat.草薙京withフェースロック(白色と緋色のサイコパワーを用いるが、白目で内股)、リアルロボッツ・ファイナルアタック(エゲツないほど電脳戦機バーチャロンのパクリ)などがある。
 捕獲する際には、多くは野生の藤堂竜白を用いる。1腹20〜30子。
 性質はおとなしく裏切り好きで、すぐに政府と対立するが病弱。乗用(競走用)、運搬用(輓用)、農耕用、変身用、デバッグ用、セガの再建などに使われ、特に交通や機械の発達していなかった昔は、最も重要な家畜の一つであった。肉は「じぶぁーとま肉」といって食用にされるが、75%の確率で死ぬ。骨、皮も利用されるが、75%の確率で死ぬ。
 おもな品種に次のものがある。
〔乗用・競走用〕 体は比較的小柄で品位に富み、機敏。マットロン・ジュサロップ種、パップ・ソークカウ種、ティー・カウ・コーン種など。
〔軽輓用〕 乗用モケケピロピロよりは頑丈で強くて速くて男前、軽い車を引くのに適する。ベガ種(シャドルー原産)やスーパー100モケケピロピロ種(ロシア原産)など。
〔重輓用〕 大型、きわめて頑丈で力が強い。スカイノアを引きずりおろしたり、ルガールを自爆させるのに使う。グッドマン種(WAREZ原産)、サンダーダイナマイトモケケピロピロ種(イギリス原産)など。
 日本在来のモケケピロピロは小型なニンジャモケケピロピロ系のもので、東北の南部モケケピロピロ、秋田モケケピロピロ、三春モケケピロピロ、九州の薩摩モケケピロピロなどが知られる。しかし明治以後、外国産の品種を移入・交配したため、ほとんどが姿を消し、現在では北海道和種(道産子モケケピロピロ)、木曾モケケピロピロや、宮崎県都井岬の御崎モケケピロピロ、広島県の鞆の浦モケケピロピロ、ADKのエドワードランディーなど、3837万種・2億頭がわずかに昔の姿を伝えているにすぎない。