懐かしのゲーメスト誤植美術館

「ゲーメスト」

 ゲーメストとは、1986年5月20日に創刊されたゲーム攻略雑誌です。
 アーケードの格闘ゲームが大流行した1990年代、業界屈指のアーケードゲーム専門誌として人気を博しました(創刊当初は家庭用ゲームの紹介もしていたようです)。
 とにかく、様々な意味で濃いライター陣がマニアックな誌面を展開していたのですが、このゲーメストの最大の特徴というか「名物」に、普通では考えられないような「誤植の山」がありました。
 毎回毎回、信じられないような内容の誤植が信じられない数あり、「わざと誤植をした箇所があるので、発見したらプレゼントを進呈」という企画をぶち上げたときは、「誤植の数が多すぎて仕込んだ誤植が埋もれてしまったので、一番面白い誤植を探し出した人にプレゼントを進呈」と、企画の内容が変わってしまうほどのものでした。
 原因は、ライターの手書きの原稿の字が異様に汚かったこと、締め切りスケジュールが非常にタイトだったこと、校正の担当者がゲームを全く知らなかったため誤植に気づかなかった、など、様々に言われています(その後、入稿が手書きからPCに変わると、今度はライターの誤入力による誤植が大幅に増えた)。
 このページではその伝説の誤植の数々を紹介しています。当時を懐かしむ人も、今からゲーメストを知る人も、笑えることうけあいです。
(ゲーメストは1999年9月30日号で廃刊していますが、当時のスタッフの何人かは、後にアーケードゲーム攻略誌「アルカディア」の編集に関わり、たまに楽しい誤植をやらかしていたようです)

目次(2021/05/04追加修正)


伝説の誤植の数々。

※年代順には並んでいません。強いて言えばインパクト順です。
※画像が小さくて見づらい場合は、横か下にある「■」をクリックしてください。
※他のまとめサイト等で、誤植箇所に赤線を引いてある写真を使用したメスト紹介の記事は、ほぼすべて当サイトからの無断転載です。

 ゲーメストの地位を確立した伝説の名誤植。

ンドを右に」
×ンドを右に」

 この完全なまでの意味不明さとインパクトで、ゲーメストファンのココロを鷲づかみにしてしまいました。
 ハ→イ、ル→人。元原稿はいったいどんな字だったのか……。
「ギリシャ人を右に」とか、とにかくいろんなところでパロディにされたので、ご存知の方も多いのでは?

 ゲーメストの地位を確立した伝説の名誤植、その2。

「ザンギエフ
×「ザンギュラ

 さらに、

リアッ
×リアッ

 私たちは何を信じればいいのでしょうか? なお真相が↓


 ちなみに、ここでは「ストリートファイター ダッシュターボ」とありますが、これも誤植で、正確には「ストリートファイター2 ダッシュターボ」です。

 ファン向けに書かれた新声社新社屋の模様。

「現代のテクノロジーを集結
×「現代のテクノロジーを終結

 集めるだけでいいのに、終わらせちゃったよ……。

 人気漫画の最終回の最後のセリフでまさかの誤植。
 実はこの漫画、連載開始のときも

「中平正彦先生執筆!」
×「中平正彦宣誓執筆!」

 という誤りがあり、「誤植に始まり誤植に終わった漫画」と言われました。

 ちなみにこれ以降、
「ゲーメストに誤植が多いって本当?」
「たしかみてみろ!」
 というやりとりが、ファンの間でお約束となりました。

 あーたたたたたたたたた!
「VOW」でも紹介された有名なネタですね。
 ちなみにこの技(飛翔脚)、ご丁寧にボイスも「あーたたたたた!」なので、「わざと誤植したのではないか」とも……。

「おまに烈風拳飛ばないし…。」
×「おまに烈風拳飛ばないし…。」

 大きなお世話だ。

―ス・ハワード」
×―ス・ハワード」

 確かにキースの烈風拳はおまえには飛ばないだろうなぁ。

「サスケVS.コマンダー
×「サスケVS.コマンドー

 シュワちゃんは敵に回していい相手ではない。

 反撃を受けるのか受けないのか、どっちだ!
 似たようなのに、
「上を撃つと速くなり、上を撃つと遅くなる」
 というのもありましたね。

 また、ファンの間では、上の「確かみてみろ!」との合わせ技で、
「ゲーメストの誤植を確かみてみない!確かみてみたりする」
 という上級技も存在しました。

「ジャンニーキック」
×「ジャンニーキック

 どうしたらこうなってしまうのか、どう考えても不明。

「しゃがみジャブ
×「しゃがみジャンプ

 スーパーマリオか。
WEB拍手コメント様からの情報提供。

「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、五光!」
×「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、漁業!」

 どうやって間違えたんだ、これは。
WEB拍手コメント様からの情報提供。■元画像はこちら

「アイスブレス
×「アイスゴレス」。

 河童語では「ブレス」て意味なんでしょう、きっと。

 かなり検索してみたのですが「ゴリラ vs ビジランテ」という映画は発見できず。
 本の発売年(1990年)やコメント中の設定を考えると、もしかして「ゴジラ vs ビオランテ」(1989年)のこと?

三島平八」
×江田島平八」。

 いや、これはわざとだろー! 確かに三島も江田島も、どっちの平八も強烈かつ強力な親父ですが。

 ブライダー三段ボケ一発目。
 この時点では、

技名:ブライダープラズマボルト。
コマンド: + BC同時押し

 でした。しかし……。

 ブライダー三段ボケ二発目。一回訂正されて、

技名:ブライダーオーバードライブ。
コマンド: + BC同時押し

 になりました。
 さすがに怒られたのか、「もうしません。許して」「今度は間違いない」と書いてあります。
 ところが……。

 ブライダー三段ボケ、ラスト三発目。更に訂正されて、

技名:ブライダーブレイク。
コマンド: + BC同時押し

 になってしまいました。
 なにげに「超必殺技のコマンドが〜」と書いてありますが、見ての通り、最初から技名ごと根こそぎ間違ってます。
 でもこういうのって、メーカーから資料とかもらうんじゃないの?


×

 えっらい難しいコマンドになりました。入力しづらいだろうな。
(脇の12という数字は、入力フレーム数、つまり12/60秒(=0.2秒)以内に入力すれば技が出るという数字です。0.2秒で入力できるコマンドではないとは思いますが)

「(不明)」
×大会で以上って留年した

 解・読・不・能・

 もしかして、「以上って」→「もり上がって」?

カッてくれる」
×カッてくれる」

 なんだか分かりませんが、ヌメヌメしそう。
 その直後の「鉄山 投げ」も、たぶんなんか抜けてるよね……。鉄山靠?

「フェリオス」は誘拐されたアルテミスを恋人アポロンがペガサスに乗って助けに行くシューティング。
 写真左上にアポロンがいるなら、写真右下の男は誰だ……。

「連続攻撃になったりする」
×「連続攻撃になたりする」

 ワタシハーーー! アナタニーーー! ナタリスルーーー!

餓狼伝説2 4コマ決定版」
×餓死伝説2 4コマ決定版」

 気まずすぎて読みたくねえよ、そんな4コマ……。しかも「2」ってことは、「餓死伝説1」もあるのかよ……。
 ちなみに同じゲームで「飢餓伝説」という誤植もありました。

「アクセ
×「アクセ

 さらに

「足払い
×「足払い

 そのうえ、

「突型」(突型、突型の可能性もアリ)
×「突型」

 存在しないキャラに、存在しない弱点、存在しない攻撃。これはまさに未体験の攻略ワールドあたたたたっ!
 今さらだけど攻略雑誌でこれはどうよ(笑)。しかも、クラウザー攻略なのに「斬影拳(アンディ)でジャイアントボム(ビッグベア)にはまってくれる」? なにこれ?

ライディングキック」
×ススライディングキック」。

 茶道でお客様をおもてなしするような心持ちでススっと。

狼伝説2」
×(金+我)狼伝説2」

「食」と「金」。まだ「字が汚いから」で通るギリギリの線だと思うの。

狼伝説SPECIAL
×(金+我)狼伝説SPCEIAL

 ついにスペセイアル版になりました。なお(金+我)とはオスミウムという化学元素のこと。万年筆のペン先などに使われています。
 あ、だから高額買取なのか!

「ユリ・サカザキ」
×「ユリ・ナカザキ」

 サ→ナ。縦線が一本足りないだけで別人になってしまいました。
 リョウが助けた女の子はいったいどこの誰やねん。謎を残したまま物語は「龍虎の拳2」へと続く。

「リョウ・サカザキ」
×「リョウ・ナカザキ」

 その兄も別人だった……。

「ファイターズヒストリー ダイナマイ
×「ファイターズヒストリー ダイナマイ

 ボンキュッボンなお姉ちゃんがたくさん出てきそうなタイトルになりましたが、このゲームのキャラクターたちの存在感は恐ろしいほどその真逆です。


×

 なんだ、この「ファイターズヒストリー」みたいな不気味なコマンドは……。
 横書きの原稿をそのまま素直に縦配置にしちゃったんだと思うんですが、細矢印と一緒に太矢印も方向を変えちゃったのね。

ハガキ入れすぎ!(笑) アンケート地獄へようこそ!
しかも「大プレゼントの魅力を777名に贈りたい」ということは、「プレゼントそのものは贈らない」ということか……。

「ポワッとした感じの
×「ポワッとした顕示の感じの

【顕示】けん‐じ。[名](スル)わかるように、はっきりと示すこと。「軍事力を顕示する」「自己顕示欲」。
「ポワッとしたはっきりと示す感じの」?

(。´・ω・)?????

「小
×「小

 こんな大男に小枝でぺちぺちされながら追いかけられたら、猛烈に怖いです。クラウザーのことだから無表情だろうし。

「蒙古大車輪投げ」
×「蒙古投げ」

 テムジン最強の必殺投げが、屋台のお土産レベルに……。

カリフォルニアロマンス」
×カルフォルニアロマンス」
×カルフォニアロマンス」

 Mr.BIG、実はそんなにカリフォルニアに愛着ない説。

「ジェフ・ボガード
×「ジェフ・ハワード

「龍虎の拳2」攻略ムックより。ギース・ハワード+ジェフ・ボガード。
 よりによって、なんでこの二人をくっつけたし。
 なお、1994年の格ゲー「バトルクロード」に「ジェフ・ハワード」というボクサーがいます。そっちと間違えたか?

 ハイボルテージウェーブ! おお、超カッコいい技名です。
 残念なのは、このゲームにそんな技はないということでしょうか。
(サウンドトラックの没ボイスを載せたのかもしれない)

 いや、コマンドは正しい。コマンドは正しいのですが、矢印があっちこっち向きすぎて(矢印の角度が一定でない)ので、一瞬困惑します。

「メッセージCD描きおろしポスター」
×「メッセージCD描きおろしポスター」

 可愛い女の子が出てくるゲームなのに、おまけはCDを描いたポスター。
 斬新過ぎるだろ、いくらなんでも。

ノール2匹」
×ノーマル2匹」。

 やっぱり三番目の……。

「なか
×「なか

 シンプル、かつディープ。そんな世界感に、我々は卵するのさ。

+B(D)」
×+B(D)」

「セ」とは「刃物などが鋭くよく切れる」という意味なので、「切れ味良くボタンを押せ!」というコマンドでしょうか?
 もう格闘ゲームにレバーなどと無粋なものは無様!

 コメントが写真どおりなのでまったく誤植ではないのですが、「ファイナルファイト」一作目では実はちゃんと「コーディー」「ジェシカ」になってるんですよね。
 ならこの写真にある「コーデー」「ジシカ」ってなに?

ステップ
×スッテップ

「スッテップ」だと、「チャー、シュー、メーン!」みたいなタイミングのとりかたになるんでょうか? それで崩拳が出るのかどうかは知らんけど。

」→×用用
ンップウ」→×ンップウ」

 ヨウヨウ、みんな、オレのヤンプウゴウケン、イけてると思わないか〜い? 一緒にステキに上半身巨大化しようゼ〜! メ〜ン。

ボルテックランチャー」
×テックランチャー」

 テックサターンの親戚かなにか?

 カイとギルが逆ですね。正確には男の子がギル、女の子がカイです。
 ここで言う「ディフォルメ」のとは、巨大化させることなのか……?

「反撃はうけにくい
×「反撃はうけにいく

 自分から反撃を受けに行くのか……。ドMの極みだな……。

「1目」
×「1目」

「2目」
×「2目」

 高難易度のシューティングゲームは確かにクイズゲームのような反射力・応用力を求められます。
WEB拍手コメント様からの情報提供。

 読者交流コーナーの「アイランド」が、いつの間にかイスラム教徒の憩いの場に。

 格闘ゲームの連続技の解説なのですが、
「たった3段(連続技)なのにこの威力」
 と言われても、体力ゲージが写ってないので、肝心の威力がわかりません。
 人間花火から想像しろと?

 こちらにも体力ゲージが写ってません。
 なにが凄いって、
「写真が重なって体力ゲージが見えなくなった」のではなく、
「もともとの写真に体力ゲージが写ってない」ってのが凄すぎる。

「ストリートファイターEX2」(格闘ゲーム)は、私もPS版でけっこうプレイしたはずなのですが、「殿」も「りんご」も「大戦車」も「ビル」も「戦闘機」も、まったく記憶にありません。
 アーケード版は違うジャンルだったんですか?
 秘かに備考欄の「ノルマ235」も謎。なにと混ざったんだ、これ。

「ある種のカスマ」
×「ある種のカスマ」

 インドの聖典みたい。ああ、だから鬼みたいに強いのか。

「ザンギエ
×「ザンギエ

 まさにお手本のような誤植。正も邪も愛してこその漢道。

 どう見てもしゃがみキックがめりこんでます。
 これで相手がジャンプできたら、むしろ凄いと思う。

 蹴り足が相手の頭と融合して新生物誕生の予感!?
 実は上のめりこみキックと同じ行の写真。キャプションが入れ替わっていることが分かります。

 如月影二とテムジンの記事のキャッチが入れ替わってます。「わしも舞うダス」は、本当は隣のテムジンの記事のキャッチ。
 ちなみにこの二キャラ、声優が同じなので、脳内再生された方も多いようです。
「わずかながら出るまでのスキが比較的少ないようだ」など、日本語も馬から落ちて落馬したような混乱ぶり。

100万点
×1000万点」。

 950万点の空白。狂気のノーエクステンド地獄へようこそ!

くらい
×くらっい

 新声社は心の迷路。くらっいは遠い。まっくら クラッイ クラッイ。

「しゃがみ大パンチ
×「しゃがみ大パンツ

 さらにその直後に

中足払い
×中払い

「キャンセルをかけるべき三つの技」のうち、二つが実在しません。攻略難易度が高すぎです。

「レバー+大パンチ
×「レバー+大ピンチ

 確かにこの技を外すと隙だらけで大ピンチ確定なんで、あながち間違いでもないのですが。

「フェニックスロー」
×「フェニックスロー」

 麻宮アテナ八連発。これを「PA」と略したら、これ以降も全部「フェニックスマロー」になっちゃうんですが。

シャイニングクリスタルビット」
×シマイニングクリスタルビット」

「これで、しまいじゃぁ〜!」って、それは別の人ですね。

「シャイニングクリスタルビット
×「シャイニングクリスタルヒット

 ボクシング漫画の技っぽくなっちゃいました。

「サイコリフレター」
×「サイコリフレター」

 歌が好きなアテナだから? なお、上の誤植と同じページです。

「フェニックスアローサイコボール」
×「フェニックスアローサイコボール」

 新必殺技誕生。

「SCBである
×「SCBふぇああるう

「である」と打とうとしてDの隣のFを押してしまった時点で、この悲劇は決まっていました。「ああるう」は知らんけど。

「フェニックアロー」
×「フェニックアロー」

 ちょっと気を利かせて痛くなさそうにしてみました。

 画像の解説。
 ゲーメストでは、他の雑誌が「キック、キック、波動拳、波動拳」というように書いていたのを、なぜか一貫して「キック、キック、波動拳、波動拳」と書いていました。
 で、この記事を書いたライターは更に丁寧に、通常技=「大/小」、必殺技=「強/弱」となぜか使い分けてしまったため、まるでモザイクのような解説になってしまいました。
(一部の格闘ゲームは、「強/弱」ではなく「大/小」を公式に採用しています)

 同じ等身大ポスターなのに、不知火舞=2500円、ナコルル=2500円、ジャンヌ=280円。
 ジャンヌがいったい何をしたぁー!

ジェイフン
×ジョイファン

 罰を与える方が間違えてどうする。

「シルバーホー
×「シルバーホー

 私のつたない英語力に頼るならば、「ホール」は「鷹」ではない。
WEB拍手コメント様からの情報提供。

「ジャンプ大パンチ
×「ジャンプ大パチン

 ビンタかましたのでしょうか。そっちの方が大パンチより屈辱的かも。

「レチェ
×「レチェ

 レイチェルの名前を間違えるとか、ファンが暴動を起こすぞ……。

 まず重要なのは、日本語には「当括」という言葉は存在しません。そのため、この煽りは残念ながら藤堂竜白の応援にはなっていません(「当初予算総括表」という言葉ならあるが、これの略でも意味不明)。
 また、
「スポット」
×「スポット」

「スーパーリアル麻雀PUPV
×「スーパーリアル麻雀P「P」

 謎のカッコ攻めタイトル紹介第一弾。長い間見てたら、なんだかすごく不安になる系。

「(不明)」
×P「…「・P」

 謎のカッコ攻めタイトル紹介第二弾。ついに毒電波混入。たぶんスーパーリアル麻雀なんだけど。

「グラディウス」
×「グラディウス

 謎のカッコ攻めタイトル紹介第三弾。シューティング業界に進出。

「イース」
×「イース。・「

 謎のカッコ攻めタイトル紹介最終回。RPGは失敗だった模様。
 なぜこんなことになったか不明ですが、PCのキーボードでは、「」の隣は「゛(濁点)」。このあたりに原因があるのかも。


 これはあれですね、「お前ら、もう分かってるだろうから、いちいち書かないぞー」という体育教師的なやつですね。
 下の「4回で方向転換がきく」も微妙に日本語崩壊。「方向転換が4回きく」のほうがしっくりくるかな。


「DESTINY」
×「DISTINY」
 思いっきりオシャレにデザインした読者イラストコーナーの見出しで痛恨の一撃。

「ラル
×「ラル

 ちゃっかり成りすまし疑惑。

 ノリの軽い編集部がいさめるほど、よっぽど下品な言葉で実在の人をののしったんでしょうね。

「怒首領蜂(どどんぱち)」は超高難度の弾幕シューティング、「豪鬼」は格闘ゲーム「ストリートファイター2X」のボスキャラです。
 豪鬼なら空飛んで斬空波動拳で火蜂も撃破してしまいそうなのが不思議。

 キムとロサのイラストが入れ替わってます。
「テコンドー+我流棒術」とうたいながら日本刀を振り回すキム。

 上下の写真でキャプションが入れ替わってます。
 上の写真はどう見ても飛んでますし、下の写真はこれでもかとしゃがんでます。

「チェルブ」
×「チェルブ」

 原作は全然知らないけど、「あ、これたぶん誤植だ」と思って調べてみたらやはり誤植だったパターン。
 ゲーメストを読んでいるとある種の特殊な勘が働く様になってきます。

 ミッキー(ボクサー)の投げ技は「つかみボディブロー」ですが、技表以外のところでは一貫して「クリンチ」表記です。
 ボクシングの「クリンチ」は、相手の動きを止めて連打から逃げたり、体力回復をはかること。つまり防御技であって、投げ技に「クリンチ」とは言わない気がします。

「烈空
×「烈空(足+却)」。

 気持ちは分かるけど、ものすごく器用に間違えたな。なお「(足+却)」は「脚」の中国語の異字体です。

「ダークシール2」
×「ダークジル2」

 ダーク汁。闇鍋を無理やり美女に食わせるゲームでしょうか。

正統派
×正党派

 フウマ、ドラゴン、シュラの三人は政治家になりました。パンチじゃなくて権力で殴ってきます。

「動きまれ!」
×「動きまれ!」

 噛んじゃいました。

「カイザーウェーブ」
×「ブレイクスパイラル」

 これは「カイザーウェーブ」という技で、「ブレイクスパイラル」は別のキャラの投げ技です。
 小技をガードさせてカイザーウェーブが入ったら、クラウザー使いは狂喜します。
(実はこの文章の段落、こういう構造になっているのです)

ヴォルフガング・クラウザー」
×ヴゥルグガングクラウザー」。

 そしてたまにフルネームで呼んでもらうとこのザマです。

 格闘ゲームにおける角界のパイオニアはもちろんエドモンド本田(ストリートファイター2)。それを無視するとは良い度胸だ。

「スインバスター」
×「スインバスター」。

 ご丁寧に技表でも誤植。スペインでもわかんないような気がするけど。

「テリー舞」
×「テリー舞」

 ついに弟の彼女を寝取りやがった!!!

「天地を喰らうII 1タイトル」
×「天地を喰らうII Iタイトル」。

 21作品もあれば充分だろう。

「ストリートファイターZERO2」
×「ザ・キング・オブ・ファイターズ'96」

「ファイター」しかあってません。

 チャンの写真がチョイ・ボンゲに入れ替わってます。
 
 チャン・コーハン氏。
 200kg以上あったはずなのに、ずいぶん痩せたね、チャン……。

 限りなく美しい知識は、限りなく美しい言葉からしか得られないと思うのだが。拡大版

「クイズめくるめくストーリー」
×「クイズめくるめくるストーリー」。

 日めくりカレンダー形式のクイズ?

「試合でしわ」
×「試合でしわ」

 我が神楽流の前では、貴様らなど「てわ」で充分よ、ハーハハハ!
 確かに背景が白いシーンだったような記憶がありますが、白一色の写真で「てわ」は破壊力あります。

「モノリー」
×「モノリー」

 もちろん通貨は「ペリカ」で物価はボリボリ、イベントは労働とチンチロリンのみです。

「ツインビーパラダイス
×「ツインビーパラダイ」。

 エルバラダイ事務局長アイドル化計画。

「バッジャンプ」
×「バッジャンプ」

「このロリコンどもめ!」と叫びながら蹴るんでしょうか。

 男を無視したら選択肢自体が成立しないのでは……。
 もしかして、背後の二人のうち、どちらかが女!?

鉄波」
×鉄波」

鉄蟷螂拳」
×鉄蟷螂拳」

 おそらくてすが、同じゲームの中の「烈拳」という技と「ざん」が混ざっちゃったんじゃないかと。
 同じ本の中で「烈拳」という誤植があるし。

「見ているだで」
×「見ているだけけで」。

 けっけっけっけ。け〜っけっけっけっけ。

「バイ
×「バイ

 基本。母の懐に包まれるような安心感。

「総理大臣としか」
×「総理大臣年か」

 たまにこういう「よけいなお世話だ」と言われそうな誤植があります。さらに、

「キャラクター」
×「きゃらくクター」

 脱力系。

はたして」
×たはして」

 たはっ! こらまった、しっつれ〜いたしました!

虎咆
×虎破

 リョウとロバートで死んだふりするの?

 ファイヤァアー! ものすごい気合を入れながら攻略記事を書いたのでしょうか。
「真面目に遊ばぬ奴らには身体で覚えさせるぞ」的な。ペンが折れるまで!ペンが折れるまで!

「このタイプの横スクロールアクションゲーム
×「このタイプの対戦格闘ゲーム

 随分とリングの外から襲ってくる敵の多い対戦格闘ゲームですね。

 映画監督トビー・フーパー監修の新生ストU。
 なお、代表作は「悪魔のいけにえ」「ポルターガイスト」「ハリウッドナイトメア」など。
 どう考えても「モータルコンバット」になるじゃねえか!

「スーパーストリートファイターU]
×「スーパーストリートファイターU」。

 海外版みたいなタイトルですが、「スパ2X」は海外では「スパ2ターボ」なので、完全新作ですね。

「スーパーストU
×「スーパーストTT」。

 スト11。西暦が続いているうちに出るんでしょうか。

ンフロンティア」
×ンフロンティア」

 今日もワンちゃんたちは最前線で命がけの大活躍。徳川綱吉、大激怒。

「テスト段階」
×「テトス段階」

 テトスって、聖書に出てくるパウロの弟子だったっけ。そんなえらい人、デバッグに使っちゃダメだって!

 オリジナルグッズ通販の下敷きです。
 他のはちゃんとカラーで商品番号もついているのに、これだけ謎の呪いの写真状態。

 ムーちゃん、死んでしまうん……?

前述した」
×前途した」

 こういうツッコミを入れにくいボケが一番困る。

「ロングスパークサンダー登りの大パンチ」or「登りのロングスパークサンダー」
×「ロングスパークサンダー登りの大パンチ」

 ロングスパークサンダー登り。五月五日に飾ると縁起よさそう。

「ビッラン」
×「ビッラン」

 ゲーメストお約束の、一文字違いの新タイトル。この程度で驚いてたら、ゲーメストは読めません。

 現在では麻宮アテナ(「サイコソルジャー」)はアテナ(「アテナ」)の子孫となっていますが、当時は同一人物という設定だったのでしょうか?

「ピール」
×「ピール」

 フランス語〔Pur〕。ピュール。英語での「pure(ピュア)」に当たる。意味は「純粋」。
 これはシャルロットが純粋なのか、この鳩の名前の元になったシャルロットの初恋の男性が純粋なのか。
 あと小ネタですが

「報われる
×「報わる

 キム、舞、チンの顔写真が入れ替わってます。

WEB拍手コメント様からの情報提供。■元画像はこちら

「サイコニクスオスカー」
×「サイコニックオスカー」

「デスレイド」
×「デスレイド」

「サイコニクスオスカー」はなぜか誤植率高し。

「お
×「お

 最先端技術で体内に「29」って書いたのでしょうか? 誰が気づくんだよ、演出がマニアックすぎるよ。

MALE
×MAIL

 性別:郵便物。まったく意味が分からんぞ!

「とびこみスクープ!!」
×「とびこみクープ!!」

 昔遊んでたRPGに「クープ」というキャラがいたのを思い出した。
WEB拍手コメント様からの情報提供。■元画像はこちら

「(山田)十衛」
×「(山田)十衛」

 一文字違いの新人が「わしの勝ちじゃぁー!」
WEB拍手コメント様からの情報提供。■元画像はこちら

「ソニックサマー
×「ソニックマー

 マスターズ財閥が「リラックマ」に対抗して製作。

「あったが
×「あっだか

あっだかハイムが待っているー。

ニシキの似合う女」(?)
×綿ワタの似合う女」(?)

 ファッションの話かもしれないので、ちょっと誤植かどうか怪しいところ。
 とりあえずローザ可愛い。

「ファイター」
×「フィアター」

 バーチャファイターの受難、その1。

ァイター」
×ァイター」

 バーチャファイターの受難、その2。

 原題は「Der Ring des Nibelungen(英語で「Ring of the Nibelungs」)」。どう読んでも「ニュンブルゲン」は無理だろう。
 日本では「ニーベルングの指環」として有名ですが、もしかしたら誤植ではなく、ナムコ(当時。現バンダイナムコエンターテインメント)の社内ではこう呼ばれていたのかも。

1Pバージョン」
×IPバージョン」

 時代を先取りしすぎた。

「世界各地に数百の支部を持ち」
×「世界各地に数日の支部を持ち」

 放っておいても滅びるよね。

「くっくくっく」
×「くっくくっく」

 笑ってるのか料理してるのか。
WEB拍手コメント様からの情報提供。■元画像はこちら

ヒット
×ヒットヒット

 ちょっと気を利かせて2倍にしてみました。

「X-IZM」
×「X-ISM」

 編集者が小さなことに拘らなくなったらダメだと思う。

「後
×「後3

「3約3ってなんだろーなー」としばらく考えてしまいました。

りん」
×りん」

 なんとなく可愛くなったような。

「投げ
×「投げ

 夏休みの日記を最終日に慌てて捏造したらこうなりそう。

「小白山桃キャンセル」
×「小白山桃キャンセル」

 て。

フェクト」
×フェクト」

 なんでも何でも「e-なんちゃら」とつける時代を20年先駆けた。

サラ
×ラウ

 ラウ爺、アンチエイジング(+性転換)に成功。

 ティルスクラッチだけコマンドが分かりません。「永久欠番」のような「名誉必殺技」ということ?

 

スーパーヘリ」
×スーパヘリ」

 なんてこった、スッパマンみたいになってしまった。

「サダードラゴン」
×「サダードラゴン」

 一文字変えるだけでとてつもなくダサくしてしまうこの能力!

新分野
×新文や

 せめて「新聞屋」と間違えろよ、ツッコミづらいよ。

「スーファ版」
×「スーファ版」

 韓国の歌手ファニがインベーダーになって襲い来るの?

「爆裂極拳」
×「爆裂極拳」

 いや、そこを間違えるのは勘弁してあげてください。一世一代の技なんだから。

「デコピンなどが健在
×「デコピンなどが健全

 不健全なデコピンと言うものを是非見せてカモン!

「通称ケツしゃがみガードができない。」
×通称ケツしゃがみガードができない。

 ケツしゃがみガードってなんやねん。

「デスレイド」
×「デスレイド」

 デスブレイドその@。なにか変な効果の魔法が発動しそう。

デスブレイド」
×ディスブレイド」

 デスブレイドそのA。残念だったな! 本物と入れ替えておいたのさ!

「クイズDNAの反乱」
×「クイズDANの反乱」

 DNAその@。ダンが反乱してもなぁ〜。秒で制圧されそうなんですが。

「クイズDNAの反乱」
×クイズスクランブルDMAの反乱

 DNAそのA。しっちゃかめっちゃかになりすぎ。

 いくら名前が長くても省略されない「ストリートファイター」シリーズに、そんなに名前が長いわけでもないのに省略される「グラディウス3」。業界の深い闇を感じる……。

「サムライスリッツ」
×「サムライスリッツ」

 いや、さすがにゲーメスト大賞受賞作のタイトルを、その大賞紹介の記事で間違うのはまずいっすよ。

快」
×快」

 残念! 「人」が足りなかった!

「華中猛脚」
×「華中猛脚」

 なに、腕と足の取り違えはどこでもよく起こることです。

シュマイザーロボ」
×ジャマイザーロボ」

 そんな……人を邪魔者みたいに……。


 ボクシングゲームなのに操作方法が「ドライブ」。ハンドルとアクセル・ブレーキで相手をKOだ!
 ……なにげに「龍虎の拳2」の操作方法が「8方向レバー+2ボタン」になってるし、「F-1 SUPER BATTLE」の操作方法が「5ボタン」になってるのも気になる……。

 分かりにくいんですが、下段の解説が行方不明になっています。上段は写真右上→写真左上、と解説が上手くつながるのですが、下段は右下の解説以降がどこかに行ってしまい、左下の解説がどこから来ているのか不明。拡大版

 これタイトル画面なので、いつまで待ってもその希望がかなうことはないでしょう。永遠に……。

「ぼ〜っとしているところを投げて」
×「ぼ〜っとしている投げて」

 ボ〜っとしながら書いちゃったの?

「悪魔城ドラキュラ
×「悪魔城ドラキャラ

 主人公の声は絶対に水田わさびだ。

「ファイヤーブレス
×「ファイヤープレス

 いくら格闘ゲームでも、自分で火だるまになりながらのボディプレスはヤバすぎます。

「ほのの兄妹」
×「ほのの兄妹」

 二人の未来に幸あれ。

 もともと一発しか出していない弱パンチを、一発に減らせとは……?(哲学)

「キース・ウイン」
×「キース・ウイン」

 まぁ、あの一族なら、どこの国のどんな名前の人が参戦してもおかしかないけどさ。

「特殊な操作が加わった。
×「特殊な操作が加わっ

 解説が途中からどっかいっちゃいました。

「サムライスピリッツ
×「サムライスピリッツ8/4

 ヒミツの新作か、発売日を誤って書いちゃったのか。

「しびるー!」
×「しびるー!」

 感動のあまり舌まで痺れている。

ストーリー付き」
×内ストーリー付き」

 内ストーリーってなに?

「地り脚」
×「地り脚」

 起きてはいけないことが起こってそう。

読めません。拡大版

△TOP


その他、主な誤植

ゲーメストではないが強烈な誤植

△TOP


その他、誤植ではないが強烈なネタ

△TOP


最後に

 テキスト資料は、旧「2ちゃんねる」の関連スレッドのテンプレに、自分で発見した誤植を加えて纏めなおしたものを掲載しています。この場を借りて、無名投稿者の皆様に感謝いたします。
 そして、これを読んでゲーメストに興味をもたれた方、今すぐ古本屋に走って「新声社」の項目を探し、「ゲーメスト」本誌か、ゲーメスト関連のゲーム攻略本(特にアーケードゲームの攻略ムックがオススメ)を読んでみてください。
 ゲーメスト関連では、書籍の数が多いことと、誤植の種類や数があまりにも多いため、まだ埋もれている誤植も多いはずです。その一つ一つを自分で発見してみるのも、面白いかもしれません。
(実際に管理人は、新しく攻略ムックを買うたびに大量の誤植を発見しています。途中から何を目的に読んでいるのかわからなくなるくらいです)

 なお、新声社の出版ジャンルは多岐にわたっており、実は入試参考書なんかも出している模様。「ゲーメスト」とは違う著者だろうな、とは思いつつ、私は以下の名言が思い浮かびました。

「健康の本は信じすぎるな。誤植一つで死にかねないから」

△TOP