ユリ・サカザキ、年度別事件簿

※年齢の項目は、左から、「ギース(餓狼SP)の誕生日から逆算」、「リョウ(武力ONE)の誕生日から逆算」、「KOF'94の年齢から逆算」。
事件やイベントなどは、判明している年齢やKOFの年号などから、可能な限り逆算し、すべて列挙した。
(その年齢の時に起こったこと、その西暦に起こったこと、などをすべて列挙した。
 例えば、KOFの設定によると「KOF'95」から「KOF'2002」までは、すべてユリが20歳の年に開催されているが、誕生年の候補が三つあることもあり、それらを取捨選択せずすべてを時系列順に採用した)
※事件や開催日の詳しい日にちが不明の場合、そのネタ元のアーケード版ゲームの発売日を当該日とした。そのため、必ずしもタイトルの西暦順に並んでいるとは限らない。
※「KOF'94」と「KOF'94 RE-BOUT」、「KOF'99」と「KOF'99 EVOLUTION」、「KOF'98」と「KOF'98UM」、「KOF2002」と「KOF2002UM」、「KOE MI2」と「KOF MI2RA」は別タイトルとして考慮した。
西暦 年齢 出来事
1953 1 21 - ギース・ハワード、誕生。
1957 8 2 リョウ・サカザキ、日本にて誕生。
1961 12 7 0、-、- ユリ・サカザキ、日本にて誕生。
1965 ? ? 4、-、- ユリ、一家でアメリカに移り住む。
1967 8 2 5、-、- ロネット・サカザキ、事故死。
リョウ・サカザキ、また日本にて誕生。
ロネットはサウスタウンで死亡後、緊急に日本に運ばれて蘇生、二人目のリョウ(?)を出産したようだ。
1971 8 2 10、0、- リョウ・サカザキ、またまた日本にて誕生。
12 7 ユリ・サカザキ、また日本にて誕生。
1974 12 7 13、3、0 ユリ・サカザキ、またまた日本にて誕生。
1975 ? ? 14、4、1 ユリ、また一家でアメリカに移り住む。
1977 8 2 15、5、2 ロネット・サカザキ、再び事故死。
ロネットは、このときも蘇生したものと思われる。
1979 9 ? 17、7、4 ユリ、Mr.BIGによって誘拐される。
? ? ユリ、またまた一家でアメリカに移り住む。
誘拐されたユリは、国外に拉致されていたものと思われる。そして、救出されて再びアメリカに移り住んだ(?)ようだ。
1980 1 ? 18、8、5 KOF開催。主催者はギース・ハワード(26歳)。
ギース、優勝者を甘く見て破れ、日本に逃亡。
4 ? KOFネオウェーブ開催。主催者はギース・ハワード(26歳)。チーム制に移行した初のKOF。
ギースは潜伏先の日本から、わずか三ヶ月で帰国してKOFを開催したが、その節操の無さに、優勝者にタコ殴りにされた模様。
7 ? ワイラー事件。ユリ、ロバートを追ってイタリアへ渡る。
8 2 ロネット・サカザキ、最後の事故死。
この年、ユリはハイスクールを卒業し、フィットネスクラブでインストラクターのアルバイトを開始。
1981 ? 19、9、6 極限流空手、メキシコ支部道場設立。
9 ? 19、9、6 KOF'94開催。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。イギリスから出場。
ルガール・バーンシュタインは自爆。
この年、初めて極限流メキシコ支部を設立。ユリはルガールの空母から持ち帰った宝石貴金属で大金持ちになるが、それが設立ローンの返済に充てられた可能性がある。
毎年、年末から正月にかけて、タクマがメキシコ支部の視察に出かけている模様。
なお、KOF本大会は大会名の年号がつくものがあるが、この81年の「'94」大会以降、2009年の「2002」大会まで、西暦と大会名が一致しない状態が30年ちかく続き、混乱を極めることになる。
1982 1 1 20、10、7 KOF-EX開催。ユリはおたふく風邪のため、アメリカからストライカー要員として出場。
2 26 20、10、7 KOF2002開催(UM)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ひそかにオロチが1800年ぶりの復活を果たすも、これを撃破。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2年連続2度目)。
3 18 20、10、7 KOF'98開催(UM)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2ヶ月連続3度目)。
30 20、10、7 KOF'99開催(EVO)。主催者はゼロ(クローン)(26歳)。クリザリッド(12歳)を撃破。アメリカから出場。
6 ? 20、10、7 KOF'97の招待状をめぐるトラブルに巻き込まれる。
? 20、10、7 極限流空手、謎の巨大エレベーター式道場を設立。
7 22 20、10、7 KOF'99開催(2度目)。主催者はゼロ(クローン)(26歳)。クリザリッド(12歳)を撃破(2度目)。アメリカから出場。
25 20、10、7 KOF'95開催。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。イギリスから出場。
ルガール・バーンシュタイン、消滅。
26 20、10、7 KOF2000開催。主催者のゼロ(クローン)(26歳)を撃破。日本から出場?
28 20、10、7 KOF'97開催。オロチが5ヶ月ぶりに復活するも、これを撃破(2度目)。アメリカから出場。
20、10、7 KOF'98、また開催('97と同日開催)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(4ヶ月ぶり4度目)。
30 20、10、7 KOF'96開催。主催者は神楽千鶴(8歳)。
オロチ復活を企むゲーニッツ(27歳)を撃破。アメリカから出場。
10 10 20、10、7 KOF2002開催(2度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(3ヶ月ぶり5度目)。
11 15 20、10、7 ガルシア財団消滅の危機。
KOF2001開催。主催者のイグニス(37歳)を撃破。ユリ、初の宇宙体験。
ネスツ壊滅。アメリカから出場。
この年だけで、KOFに12回出場。7月だけで6大会、1日2大会参加1回。
おたふく風邪の影響や疲労の極みにあったのか、7月最後の大会「'96」では、アニメの名台詞を連発するなどのはっちゃけぶりを見せる。
更に、宇宙に飛び出た11月の大会「2001」の時には、自分の疲労のピークにガルシア財団の危機が重なり、ナチュラルハイの状態になっていたようだ。
極限流道場が七枷社たちによって襲われるが、KOFで勝利。
1983 1 1 21、11、8 KOF-EX2開催。
1989 9 ? 27、17、14 ユリ、Mr.BIGによってまた誘拐される。
1990 1 ? 28、18、15 KOF開催。主催者はギース・ハワード(36歳)
ギース、懲りずに優勝者を甘く見て破れ、日本に逃亡。
7 ? 28、18、15 またワイラー事件。ユリ、ロバートを追ってまたイタリアへ渡る。
極限流師範からハイスクールへ戻り、インストラクターを経てイタリアへ渡るが、翌年9月には英国へ。
1991 ? 29、19、16 極限流空手、メキシコ支部道場設立(2度目)。
9 ? 29、19、16 KOF'94開催(2度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。イギリスから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(8年ぶり6度目)。
この年、極限流メキシコ支部を再建。1982年11月のガルシア財団の危機を救うため、一度売却していたものと思われる。
設立資金の一部に、ユリがルガールの空母から持ち帰った宝石貴金属が当てられた可能性が高い。
1992 1 1 30、20、17 KOF-EX開催(2度目)。ユリはまたおたふく風邪のため、アメリカからストライカー要員として出場。
2 26 30、20、17 KOF2002開催(UM。3度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ひっそりと10年ぶりの復活をみせていたオロチを撃破(3度目)。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2年連続7度目)。
3 18 30、20、17 KOF'98開催(UM。3度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2ヶ月連続8度目)。
30 30、20、17 KOF'99開催(EVO。3度目)。主催者はゼロ(クローン)(36歳)。クリザリッド(22歳)を撃破(3度目)。アメリカから出場。
6 ? 30、20、17 KOF'97の招待状をめぐるトラブルに、10年ぶりに巻き込まれる。
7 22 30、20、17 KOF'99開催(4度目)。主催者はゼロ(クローン)(36歳)。クリザリッド(22歳)を撃破(4度目)。アメリカから出場。
25 30、20、17 KOF'95開催(2度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。イギリスから出場。
ルガール・バーンシュタイン、消滅(10年ぶり2度目)。
26 30、20、17 KOF2000開催(2度目)。主催者のゼロ(クローン)(36歳)を撃破(2度目)。日本から出場?
28 30、20、17 KOF'97開催(2度目)。オロチが5ヶ月ぶりに復活するも、これを撃破(4度目)。
なお、オロチは1800年ぶりの復活と自称。時差ボケの症状が見られる。アメリカから出場。
30、20、17 KOF'98開催(4度目。'97と同日開催は2度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(4ヶ月ぶり9度目)。
30 30、20、17 KOF'96開催(2度目)。主催者は神楽千鶴(18歳)。
懲りずにオロチ復活を企むゲーニッツ(37歳)を撃破(2度目)。アメリカから出場。
9 ? 30、20、17 ユリ、Mr.BIGによってまたまた誘拐される。
10 10 30、20、17 KOF2002開催(4度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(3ヶ月ぶり10度目)。
11 15 30、20、17 ガルシア財団消滅の危機(2度目)。
KOF2001開催(2度目)。主催者のイグニス(47歳)を撃破。ユリ、10年ぶりの宇宙体験。
ネスツ壊滅(2度目)。アメリカから出場。
1年間にKOF12大会出場は、自己最多タイ。7月末から11月にかけて疲労のピークに達するのも、変わらず。
極限流道場が再び七枷社たちによって襲われるが、KOFで勝利。
1993 1 1 31、21、18 KOF-EX2開催(2度目)。
? 31、21、18 KOF開催。主催者はギース・ハワード(39歳)。
ギース、まったく懲りずに優勝者を甘く見て破れ、日本に逃亡。
7 ? 31、21、18 またまたワイラー事件。ユリ、ロバートを追ってまたまたイタリアへ渡る。
9 16 31、21、18 KOF開催。主催者はウォルフガング・クラウザー(年齢不詳)。出場するリョウについて高知へ。
12 23 32、22、19 兄のリョウが突如、黒髪になる。
ユリ、Mr.BIGにまたまたまた誘拐される。今回の原因は、タクマではなく宝石「シリウスの涙」。
ワイラー事件の後、イタリアで暫く滞在してから英国へ渡るのが恒例だったが、この年は来日も果たした。
1994 ? 32、22、19 極限流空手、メキシコ支部道場設立(3度目)。
9 ? 32、22、19 KOF'94開催(3度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。イギリスから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2年ぶり11度目)。
この年、極限流メキシコ支部を三度目の設立。1992年11月のガルシア財団の危機を救うため、再び売却していたものと思われる。
再建ローンの一部には、ユリがルガールの空母から持ち帰った宝石貴金属が、三度使われた可能性がある。
1995 1 1 33、23、20 KOF-EX開催(3度目)。ユリはまたまたおたふく風邪のため、アメリカからストライカー要員として出場。
2 26 33、23、20 KOF2002開催(UM。5度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
3年ぶりにひっそりと復活していたオロチを撃破(5度目)。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2年連続12度目)。
3 10 33、23、20 ユリ、謎の組織「Q」の手により、クイズシティに誘拐される。
18 33、23、20 KOF'98開催(UM。5度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2ヶ月連続13度目)。
30 33、23、20 KOF'99開催(EVO。5度目)。主催者はゼロ(クローン)(39歳)。クリザリッド(25歳)を撃破(5度目)。アメリカから出場。
6 ? 33、23、20 KOF'97の招待状をめぐるトラブルに、3年ぶりに巻き込まれる。
7 22 33、23、20 KOF'99開催(6度目)。主催者はゼロ(クローン)(39歳)。クリザリッド(25歳)を撃破(6度目)。アメリカから出場。
25 33、23、20 KOF'95開催(3度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。イギリスから出場。
ルガール・バーンシュタイン、消滅(3年ぶり3度目)。
26 33、23、20 KOF2000開催(3度目)。主催者のゼロ(クローン)(39歳)を撃破(3度目)。日本から出場?
28 33、23、20 KOF'97開催(3度目)。オロチが5ヶ月ぶりに復活するも、これを撃破(6度目)。
なお、オロチは1800年ぶりの復活と自称。病状の悪化が懸念される。アメリカから出場。
33、23、20 KOF'98開催(6度目。'97との同日開催は3度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(4ヶ月ぶり14度目)。
30 33、23、20 KOF'96開催(3度目)。主催者は神楽千鶴(21歳)。
しつこくオロチ復活を企むゲーニッツ(40歳)を撃破(3度目)。アメリカから出場。
10 10 33、23、20 KOF2002開催(6度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(3ヶ月ぶり15度目)。
11 15 33、23、20 ガルシア財団消滅の危機(3度目)。
KOF2001開催(3度目)。主催者のイグニス(48歳)を撃破。ユリ、3年ぶりの宇宙体験。
ネスツ壊滅(3度目)。アメリカから出場。
1年間にKOF12大会出場は、自己最多タイ。
7月最後の大会から11月の大会まで、疲労が極まってハイテンションが続くのも相変わらずのようだ。
極限流道場が三度、七枷社たちによって襲われるが、KOFで勝利。
1996 7 30 34、24、21 KOF'96開催(4度目)。主催者は神楽千鶴(22歳)。
執念深くオロチ復活を企むゲーニッツ(41歳)を撃破(4度目)。アメリカから出場。
余談だが、実はこの年が最も巨乳だった。
1997 1 1 34、24、21 KOF-EX2開催(3度目)。
6 ? 34、24、21 KOF'97の招待状をめぐるトラブルに、2年ぶりに巻き込まれる。
7 28 35、25、22 KOF'97開催(4度目)。オロチが3年ぶりに復活するも、これを撃破(7度目)。
なお、オロチはまたも1800年ぶりの復活と自称。病状は悪化している模様。
アメリカから出場。
極限流道場が四度、七枷社たちによって襲われるが、KOFで勝利。
1998 7 28 36、26、23 KOF'98開催(7度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(3年ぶり16度目)。
12 22 37、27、24 頂上決戦最強ファイターズ開催。主催者のギース(45歳)、およびベガを撃破。
1年間でヒップが6cmふくよかになる。
1999 3 18 37、27、24 KOF R-2開催。主催者ははルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場?
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2年連続17度目)。
5 21 37、27、24 武力ONE開催。出場したリョウの帰りを待っている模様。
7 22 37、27、24 KOF'99開催(7度目)。主催者はゼロ(クローン)(43歳)。クリザリッド(26歳)を撃破(7度目)。アメリカから出場。
2000 1 27 38、28、25 クイーン・オブ・ファイターズ開催。主催者はミスXこと八神庵(24歳)。
「Kのお札」を入手するも、些細なことで使用してしまう。
3 30 38、28、25 KOF'99開催(EVO。4度目)。主催者はゼロ(クローン)(44歳)。クリザリッド(27歳)を撃破(8度目)。アメリカから出場。
7 26 38、28、25 KOF2000開催(4度目)。主催者のゼロ(クローン)(44歳)を撃破(4度目)。日本から出場?
8 ? 38、28、25 ミレニアム・ファイト2000開催。主催者はガルシア財団、およびマスターズ財閥。
乱入してきた豪鬼とともに、黄泉の死合い場へ小旅行。
ゼロ(クローン)と豪鬼の撃破に、「Kのお札」が使用された可能性あり。
ユリの極限流が「ミレニアム極限流」であったことが発覚。またこの年、建設途中の極限流日本支部が倒壊。
2001 8 ? 39、29、26 ミリオネア・ファイティング2001開催。主催者はガルシア財団、およびマスターズ財閥。
乱入してきたルガール・バーンシュタイン、および豪鬼を撃破。
ルガール・バーンシュタイン、消滅(8年ぶり4度目)。
11 15 39、29、26 ガルシア財団消滅の危機(4度目)。
KOF2001開催(4度目)。主催者のイグニス(56歳)を撃破。ユリ、6年ぶりの宇宙体験。
ネスツ最後の壊滅(4度目)。アメリカから出場。
この年、極限流道場への入門先着50名に、ロゴ入りTシャツのプレゼントフェアを開催。
また、ユリの極限流が「ミリオネア極限流」に進化していたことが発覚。
余談だが、ユリは4度の宇宙体験がすべて墜落、という厳しい結果になった。
2002 10 10 40、30、27 KOF2002開催(7度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(3年ぶり18度目)。
2003 12 18 42、32、29 KOF2003開催。主催者のムカイ(年齢不詳)を撃破。アメリカから出場。
極限流道場が襲われタクマが重傷を負うも、その後は何事も無かったかのように有耶無耶にされた。
2004 ? 42、32、29 極限流空手、メキシコ支部道場設立(4度目)。
8 12 42、32、29 KOFマキシマムインパクト開催。主催者のデューク(年齢不詳)を撃破。
12 28 43、33、30 KOF'94開催(4度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。
イギリスから出場。出場者がのきなみ美しくなる。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2年ぶり19度目)。
この年、極限流メキシコ支部を四度目の設立。
1995年11月と2001年11月のガルシア財団の危機を救うため、何度も売却していたものと思われる。
再建ローンの一部には、ユリがルガールの空母から持ち帰った宝石貴金属が、四度使われた可能性がある。
2005 11 1 43、33、30 KING OF JANSHI開催。真冬だというのに、水着に脱がされる。
12 16 44、34、31 KOF11開催。主催者の禍忌他、アーデルハイドを撃破。アメリカから出場。
? ? 44、34、31 KOF VOLLEYBALL開催。主催者のルガール・バーンシュタインを撃破。球技大会に初参加。
この年、ユリ・サカザザキ氏の登場。
また、大阪は江坂にて、極限流日本支部の稼動が確認されている。
なお、これまでの主催者による年号の大混乱を反省してか、この年からKOFの大会名表記に西暦がつかなくなった。「KOF11」を開催した禍忌は、オロチは放っておけば復活するということを知らなかった模様。
2006 4 1 44、34、31 SNK GAL'S OPEN開催。初のゴルフ大会参加。
27 44、34、31 KOFマキシマムインパクト2開催。主催者のジヴァートマ(正体不明)を撃破。アメリカから出場。
11月には「Maximum Mayhem KOF」が開催。ユリは不参加だったが、この時期、髪を少し短くしていたようだ。
また、この年の「マキシマムインパクト2」大会のステージの様子から極限流道場が広大な面積を持っていることが発覚。麻雀、ゴルフ、バレーボールの大会などで相当荒稼ぎした模様。
2007 7 13 45、35、32 KOFマキシマムインパクト2開催(2度目)。主催者のジヴァートマ(正体不明)を撃破(2度目)。アメリカから出場。
10 23 45、35、32 麻雀大会に出場。
2008 3 18 46、36、33 KOF'98開催(UM。8度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(4年ぶり20度目)。
2009 2 26 47、37、34 KOF2002開催(UM。8度目)。主催者はルガール・バーンシュタイン(年齢不詳)。アメリカから出場。
またしても人知れず12年ぶりに復活していたオロチを撃破(8度目)。
ルガール・バーンシュタイン、自爆(2年連続21度目)。
4月には「KOF12」が開催。ユリは不参加だったが、元気にしている模様。
また、なぜかKOF本大会の名称が西暦に戻り、再び混乱している。