THE KING OF FIGHTERS '98 DREAM MATCH NEVER ENDS

発売機種発売日発売元価格
業務用1998年7月28日発売SNK148000円
ネオジオ1998年9月28日発売SNK38000円
ネオジオCD1998年12月23日発売SNK6800円
ネオジオCD(限定版)1998年12月23日発売SNK6800円
プレイステーション1999年3月25日発売SNK5800円
プレイステーション(BEST)2000年3月9日発売SNK2940円
プレイステーション(PS one Books)2003年3月27日発売プレイモア2079円
PSP(PLAYSTATION(R)Store“ゲームアーカイブス”)2007年6月28日配信SNKプレイモア600円
プレイステーション3
(PLAYSTATION(R)Store“ゲームアーカイブス”)
2007年6月28日配信SNKプレイモア600円
Android2014年7月24日配信SNKプレイモア400円
iPhone近日配信SNKプレイモア400円

 メイン・ストーリー

 本作は「お祭り編」ということで、ストーリーはありません。
「実際には開催されなかった、夢のKOF」という位置づけのようです。

 ユリ・サカザキ チームストーリー

 無し

 コラム


 前作でオロチ編のストーリーが一応の終息をみて、改めて「オールスター」という原点に帰った意欲作。数あるKOFシリーズの中でも、群を抜くキャラクター数と、奇跡的なゲーム・バランスで、今でもシリーズ最高傑作にあげる人が多い名作です。
 システムは「エキストラ」「アドヴァンス」の2モードがありますが、基本的に前作を調整した程度で、大きな変更はありません。
 肝心のユリはというと、今回は表裏二つのバージョンがあり、表は基本的に「KOF'97」仕様、裏は「龍虎の拳2(というか、KOF'95)」仕様となっております。表は百烈びんたがなくなった代わりに燕翼の中段判定が復活、裏は相手のガードを崩す手段を多く持ち、どちらもガンガン責められる気持ちいいキャラになっています。

 本作のプレイステーション版には、オリジナルのアニメーション・オープニングムービーがありますが、これがかなりいい出来。後の「KOF'94 RE-BOUT」よりも良く出来てるんじゃないでしょうか。京と庵の闘いを中心に、全キャラが登場します。
 余談ですが、そのプレイステーション版、パッケージが目を開いた草薙京のバストアップなのですが、確率的に1%の割合でその京が目を閉じているバージョンがあります。将来、値打ちがでる…かも?

 必殺技コマンド(ノーマル)

特殊技コマンド
燕翼+B
必殺技コマンド
虎煌拳+A or C
雷煌拳+B or D
空牙
(ユリちょうアッパー)
+A or C
裏空牙
(ダブルユリちょうアッパー)
(強・空牙中に)+A or C
飛燕疾風拳
(ユリちょうナックル)
+A or C
飛燕旋風脚
(ユリちょう回し蹴り)
+B or D
超必殺技コマンド
覇王翔吼拳+A or C
飛燕鳳凰脚+B or D
飛燕烈孔+A or C

 必殺技コマンド(裏)

特殊技コマンド
燕翼+B
必殺技コマンド
虎煌拳+A or C
雷煌拳+B or D
百烈びんた+B or D
砕破+A or C
超必殺技コマンド
覇王翔吼拳+A or C
飛燕鳳凰脚+B or D
滅鬼斬空牙+A or C

 勝利メッセージ

対女性格闘家チーム「チームワークは抜群ね! 女性チームとは何度戦っても勉強になるわ!」
対エディットチーム「勝負は勝負! 負けたからってスネちゃダメよ!」
「リラックス、リラックス! そんなに肩に力入れてたら、そりゃ負けちゃうわよね」
「極限流は私がつぐわ! お兄ちゃん達には負けないッチよ!」
「私を知らないなんて、無知にもほどがあるわよ! もー全く勉強不足だぞ!!」

 敗戦メッセージ

対ケンスウ「なんや? 景気だけやのうて、強さもボチボチってとこかいな」
対キング「どうした? 龍も虎も眠ってるのかい? まったく拍子抜けだよ」
対タクマ「極限流と大木は俄かにはできぬ。努力せい」
対オメガ・ルガール「揃いも揃って愉快な芸だな。その極限流とやら、ヴァルハラでも披露するがいい!」

 エンディング

註※本作のエンディングは、チーム毎に一枚絵が出るだけで、メッセージ等はありません。その代わり、多数の特殊な組み合わせによるエンディングが用意されています。

ヤング「龍虎の拳」チーム
(リョウ・ユリ・ロバート)

新ヒロインチーム
(舞・アテナ・ユリ)

ハチマキーズ
(大門・ユリ・ジョー)
※こんな笑顔の大門、見たことねぇ…。

サカザキ親子チーム
(ユリ・リョウ・タクマ)


※個人的に好きなエンディング

八神庵チーム
(マチュア・庵・バイス)

オロチ四天王(-1)
(クリス・シェルミー・社)

新日本チーム
(紅丸・真吾・大門)

お笑いトリオ
(ロバート・ケンスウ・チョイ)


※わかるかこんなの!っていう組み合わせ

「野球好き」チーム
(ラルフ・ラッキー・マリー)

お誕生日が一緒チーム
(キング・真吾・マチュア)

連打命チーム
(ビリー・ジョー・チャン)