パズル&ドラゴンズ

発売機発売元発売日価格
iPhoneGungHo Online Entertainment2012年2月20日基本無料
AndoroidGungHo Online Entertainment2012年9月18日基本無料
Andoroid(Amazon Android)GungHo Online Entertainment2013年1月11日基本無料
Andoroid(auスマートパス)GungHo Online Entertainment2015年10月22日基本無料
iPhone(auスマートパス)GungHo Online Entertainment2015年10月22日基本無料

 ストーリー

 ジャンルは、RPGとパズルゲームを融合させたパズルRPG。ストーリーやプレイヤーキャラクターなどは持たず、RPG的な要素はモンスターの収集と育成、バトルのみである。プレイヤーは最大6体のモンスターで構成されるパーティを編成しダンジョンへ潜入、パズルドロップを消す事によって敵モンスターを攻撃しダンジョンクリアを目指す。プレイヤーが使用できるモンスターは敵モンスターを倒した際の一定確率によるドロップ、ガチャ、関連グッズや雑誌などの特典などによって入手する事ができる。ゲーム自体は無料配信されているが、コンティニューやスタミナ回復、レアガチャや使用可能モンスターの上限の拡張などに必要な魔法石が有料なアイテム課金(無料配布も有り)となっている。 また2014年7月29日には、アプリ内に本編とは独立した「パズドラW」モードが追加された。

 プレイヤーは6×5マス又は7×6マス又は5×4マスのマッチ3ゲーム方式のパズル画面を操作。ドロップと呼ばれる6種類のパズルブロックを3つ以上縦横に繋げて消すことによって敵モンスターを攻撃することができる。リーダースキルによってはパズルブロックを4つ以下では消せないなどのものもある。

 ドロップの種類は消すことで敵モンスターにダメージを与える攻撃ドロップが5種類と、消すことでHPを回復する回復ドロップ。そして消しても何も起こらないお邪魔ドロップや消すとダメージを受ける毒ドロップ、猛毒ドロップがある。攻撃ドロップは火・水・木・光・闇とモンスターの属性に対応しており、例えば火属性のドロップを消すと味方にいる火属性のモンスターが攻撃を行う。

 通常は味方モンスター1体につき1体の敵モンスターに攻撃するが、5個以上ドロップをつなげて消すと敵モンスターすべてに攻撃する。一部の覚醒スキルを持っているモンスターは4個つなげて消すと敵モンスター2体に攻撃する。また、一度の移動で連続して複数のドロップのセットを消していくとコンボ(連鎖)が成立し、コンボ数に応じて攻撃力や回復量が増加する。

 ドロップを動かし始めるまでは時間制限は無く、消したドロップに応じて自モンスターが攻撃し、ターン経過となる。従来のマッチパズルゲームは隣り合ったマスにしか動かせないが、本作はドロップを自由に動かせるのが特徴。1ターンで動かせるドロップは1個だが、制限時間の許す限り連続して隣接する場所に動かすことができる。複数のドロップを整列させることができ、大連鎖を作り出すことも可能である。

 各敵モンスターごとに残りターンが設定されており、残りターンが0になると敵モンスターに攻撃され、HPが減少する。敵モンスターの攻撃によりHPが0になるとゲームオーバー。ダンジョンは複数のバトルから成り、そのバトルで出現した全てのモンスターを攻撃によりHPを0にして倒すと次のバトルへ進み、ダンジョンの最後にいるボスモンスターを倒すことでクリアとなる。

 一部のモンスターはドロップを別の種類に変化させるスキル(後述)を持っている。回復ドロップを各属性のドロップに変化させて攻撃力を上げるなど、パズルとバトルの間に密接な連携と戦略性が生まれている。またスペシャルダンジョンでは光・闇ドロップが出現しない(3色限定)、回復ドロップが出現しない、異なる盤面数(5×4マス、7×6マス)など特殊なものが存在する。

「MCFモバイルプロジェクト・アワード2012」モバイルコンテンツ部門最優秀賞、「CEDEC AWARDS 2012」ゲームデザイン部門最優秀賞、「ファミ通アワード2012」6冠、「2013年上半期ヒット商品ベスト30」(「2013年ヒット商品ベスト30」)2位、「日本ゲーム大賞2013」年間作品部門特別賞・経済産業大臣賞、「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2013」を受賞した。

 本作は無課金で遊び続けることも可能ではあるが、日本のApp Storeのアプリ内課金の売り上げにおいて2012年の年間1位、ある調査では2012年のGoogle Playにおける売り上げで世界一になるなど、大きな収益性を持っている。

 本作の大ヒットはガンホーの業績にも大いに貢献し、ガンホーの2012年12月期連結決算で売上高が前年比2.7倍の258億円、経常利益が前年比6倍の93億円と大幅に向上した。また創業以来初めてモバイルゲーム部門の売り上げがPCオンラインゲーム部門を上回るなど、これまで「ラグナロクオンライン」に依存してきたガンホーの収益構造を大きく変化させた一因になった。

(Wikipediaより)

 コラム

 さぁ、テレビCMを見ない日はないくらいになった有名タイトル、「パズル&ドラゴンズ」です。概要は上記に譲るとして、2017年12月25日から2018年1月8日までコラボが開催され、ランク50以上なら「ランク50KOFコラボガチャ」を無料で1回ひくことができました。
 その中で、ユリ・サカザキも登場。ついにモンスター扱いになったか、ユリ・サカザキ……。