頂上決戦最強ファイターズ SNK vs.CAPCOM

発売機種発売日発売元価格
ネオジオポケット1998年12月22日発売SNK4300円
ネオジオポケット(ネオジオポケット ベストセレクション)2001年3月2日発売SNK2900円

 メイン・ストーリー

 あのギースとベガが!!
 シャドルーの総帥・ベガと、ハワードコネクションの総帥・ギースが手を組んで、闇の大会を開催した。
 優勝者には「地上最強の称号」と、莫大な賞金が与えられるという。
 だが、彼らの真の狙いは「不死身の軍隊」を結成するため、そのサンプルとなる優秀な格闘家を捕獲することだった……。

 コラム

 カプコンとのクロスライセンス契約によって実現した夢の対戦第二弾(第一弾は「SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ」)。対戦格闘では、「CAPCOM vs.SNK」の先を行く企画でした。
 カプコンからは「ストリートファイター」と「ヴァンパイア」のみですが、SNKからは「餓狼」「龍虎」「サムスピ」「月華」と、当時の本家KOF以上に華やかなラインナップでした。

 操作は1レバー+2ボタンで、攻撃の強弱はボタンを押す長さで決定。
 システムは、「ストリートファイターZERO」のZ-ISMの発展系に近い「アベレージスタイル」、「KOF'98」の「エキストラモード」に近い「カウンタースタイル」、「KOF'98」の「アドバンストモード」に「ヴァンパイア」のチェーンコンボをくっつけたような「ラッシュスタイル」の三種類。これを対戦前に選択する仕様でした。
 ネオポケの格闘ゲームなので、二頭身仕様は仕方ないのですが、バランスそのものはかなり練りこんであるように思います。
 遊べるモードやミニゲームがたくさんあり、また「激突カードファイターズ」「KOF'99エボリューション」「CAPCON vs.SNK」と、データのやり取りができる外部作品が多く、飽きさせない工夫が随所に施されていました。

 ユリは、本作では隠しキャラクターで登場。ユリのデザイン担当者は、ユリが隠しキャラであることに対して「ユリだけにユリして」というコメントを残していました。
 ついでにコメントを参照すると
「彼女の正拳は岩をも砕き、彼女の美脚から繰り出される回し蹴りは鋼をも断ち割る。彼女の登場で頂上決戦はより一層のスリリングとサスペンスに満ち溢れた作品となりました」
 とのこと。意味は全く解りませんが、意気込みだけは伝わってきますね。

 必殺技コマンド

特殊技コマンド
燕翼+B
必殺技コマンド
虎煌拳+A
砕破+A
雷煌拳+B
百烈びんた+B
超必殺技コマンド
飛燕鳳凰脚+B
覇王翔吼拳+A
飛燕烈吼+B
潜在能力コマンド
滅鬼斬空牙+A

 タッグ名&チーム名

キャラタッグ名
リョウ & ユリ「きょくげんりゅうコンビ」
ユリ & ダン「よゆうなコンビ」
ユリ & さくら「Wフラワーズ」
ユリ & バレッタ「にじゅうじんかくコンビ」
リョウ & ユリ& ダン「トリオ・ザ・サイキョー」
リョウ & ユリ& バレッタ「賞金ハンターズ」
舞 & ユリ& アテナ「SNKヒロインチーム」