SNK VS.CAPCOM SVC CHAOS

発売機種発売日発売元価格
業務用2003年7月24日発売SNKプレイモア?円
ネオジオ2003年11月13日発売SNKプレイモア39800円
プレイステーション22003年12月25日発売SNKプレイモア7140円
Xbox2004年10月7日発売SNKプレイモア4800円

 コラム

 カプコンが製作した格闘ゲーム「CAPCOM vs.SNK」(2000年)、「同2」(2001年)と同じ企画をSNKプレイモア側で実現した意欲作。
 グラフィックは頭身が高く、「KOF」をさらにシャープにした印象で(バイソンなんて、シャープすぎて逆に貧相に見える)これはこれで新鮮。キャラクターは「CAPCOM vs.SNK2」に比べると少なく、また主要キャラの大部分が重複しており、目新しい新技があったりするわけでもないので地味な印象はありますが、ガードキャンセルフロントステップを絡めた駆け引きはなかなか面白いです。

 極限流からはリョウとタクマ(Mr.カラテ)が参戦。Mr.カラテはSNK側のラスボスに抜擢されたりしましたが、なぜかリョウは異様に口が悪い&空気が読めないキャラにされてしまっており(別名・チンピラリョウ)、ファンの間では最強クラスの黒歴史にされてしまっています(笑)。特に対ベガ戦の試合前デモは必見です。

 ユリは、この二人のエンディングに登場してますが、セリフは「すごいッチ〜」のひとつのみ。

 ちなみに、一部で有名な「ゲニ子さん」が登場したのは本作。デミトリの超必殺技「ミッドナイトブリス」で攻撃されると、その途中に男性キャラクターが女性になってしまうのですが、ゲーニッツがその技を食らったときに変身する修道女キャラが、一部で絶賛されました。しかし、リョウがブリスされたときの、元気な金髪カラテ少女(通称:リョウコ・サカザキ)も、実は負けないくらい可愛かったりします(ヒイキ)。

 リョウ・サカザキ エンディング

ロバート「リョウ! 今度の武者修行も連戦連勝やったんやてなァ!」 
リョウ「へへっまあな!」
ユリ「すごいっチ〜」
ロバート「よっしゃ! ではリョウの連勝と無事を祝して……」
ロバート「バンザーイ! バンザーイ!」
ユリ「すごいっチ〜!」
リョウ「いゃー、はっはっは!」

 Mr.カラテ エンディング

ロバート「師匠! 今度の武者修行も連戦連勝やったらしいですな!」 
タクマ「ふっふっふ」
ユリ「すごいっチ〜」
ロバート「ミスターカラテ バンザーイ!」
ユリ「すごいっチ〜!」
タクマ「ふっふっふ」