武力 〜BURIKI・ONE〜 WORLD GRAPPLE TOURNAMENT '99 in TOKYO

発売機種発売日発売元価格
業務用1999年5月21日発売SNK129000円

 メインストーリー

 1999年春、世界規模の異種格闘技大会が、SNKの主催で行われることが決定した。
 金的攻撃まで認めるという過激なルールのもと、世界各地の予選を勝ち抜いた選手や、様々な格闘技を代表する招待選手が集結。『最強』を決める戦いの火蓋が切って落とされた。

 コラム

 ごく一部に熱狂的なファンを生み出した、ハイパーネオジオ64のポリゴン格闘ゲーム。
 なんと言っても、「ボタンで移動、レバーで攻撃」という普通の格ゲーとは全く逆の操作方法が最大の特徴。「リアルな異種格闘技戦」と言う設定にとことん拘り、リアルな選手の挙動や世界設定、ゲーム内広告はもちろん、エンディングのスタッフロールに代表されるテレビ的な演出や、BGMが観客の声援のみという細かい設定も、好感を持たれたようです。
 また、ゲームのキャンペーン・ガールを、サイト上でコンテストで選ぶなど、実験的な試みも行われました。遠野緋名子って、まだ誰か憶えてるかなぁ(ちなみに、選ばれなかったほかの候補者は、酒井七海、幸田光、丸亀みどり、桜田静江)。
 リョウ・サカザキ(坂崎リョウ)は、本作に黒道着で登場。また、「THE KING OF FIGHTERS 11」に、本作から天童凱とズィルバーが出場しました。(XIでのズィルバーの、またゴッツイこと! あれホントに体重80kg台か?(笑))

 で、肝心のユリの出番はというと……正直、「存在が示唆されている」というレベルで、「出番」というか、名前さえ出てきません。なにせ、坂崎リョウのエンディングのリョウのコメントにおいて、「妹」という一文字で登場するだけ。っていうか、これ「登場」っていう表現使っていいのだろうか(笑)。
 しかも、隠しCPUキャラクターであるズィルバーがゲーム中に乱入すると、エンディングのコメントが変化するため、そこですら出てきません(笑)。

 ちなみにこのゲーム、現在のSNKプレイアモアには、データや基板などが一切残っていないそうで、実質上、続編の開発は不可能なんだとか。なんとかなりませんかね。

 動画

 リョウ・サカザキ エンディング

インタビュアー「優勝おめでとうございます」
リョウ「ありがとう、うれしいよ」
インタビュアー「優勝を一番最初に伝えたい人は?」
リョウ「うーん、と友人かな。テレビで見てると思うよ」
インタビュアー「大会で戦った選手たちについてはどうですか?」
リョウ「みんな強かったな。強い選手と闘えるのは楽しいから良かったよ」