キャラクター別攻略


鋼のまんじゅう提督

■ラズロ(4主人公)

攻撃力・A/防御力・B/スピード・C/リーチ・C/扱いやすさ・E/紋章技・B(固定・罰の紋章)
●二種類のスタイル変更とハイリスク・ハイリターンな「罰の紋章」の使い方が鍵。
 ラズロは一刀流の「ガイエン騎士団剣術」と、二刀流の「我流剣術」の二種類のスタイルを使い分けて戦うテクニカルキャラクター。
「ガイエン騎士団剣術」は、使いやすい通常技が多いものの攻撃判定が弱く、接近戦では打ち負けやすい。逆に「我流剣術」はレバーで攻撃、ボタンで移動と、普通の格闘ゲームとは操作が逆になるうえに、動作・判定ともにクセの強い技が多く、慣れないうちはまともに動かすことすら難しい。
 二種類のスタイルを切り替えるタイミングを身体で覚えよう。
 ラズロの固有紋章「罰の紋章」も非常にクセが強く使い勝手が難しい。相手の位置をサーチして巨大な剣を突き立てたり、LV3では一定確率で相手を即死させたりと派手さがあるが、相手だけではなく自分もダメージを受けてしまうのが最大の難点。特にLV3「死を呼ぶ声」は、相手だけでなく自分まで即死する可能性があり、体力負けしている状況でギャンブル狙いで使うのでもなければ、高いリスクを伴う。
 しかし、LV4「永遠なる許し」は非常に強い。長い無敵時間を持つ画面全体攻撃のうえにダメージが高く、さらに自分の体力を50%ほども回復させる反則級の性能がある。もともとゲージ効率は良いので、ゲージをLV4までためて温存しておけば、どんな状況からでも、ほぼ確実に逆転が可能。
「我流剣術」は二刀流ゆえかヒット数が多く、紋章ゲージのたまりが早いので攻撃力が低いわけではない。通常技で押しまくり、ゲージをためて心理的にうまく圧迫することができれば、連勝も夢ではないだろう。

▲ページトップ


心穏やかな異邦人

■キリル

攻撃力・B/防御力・B/スピード・B/リーチ・A/扱いやすさ・A/紋章技・B(固定・燕の紋章)
●扱いやすさは随一!リーチを生かして押しまくれ!
 外伝「ラプソディア」の主人公・キリルは、巨大な双刃の剣(ダブルブレード)を豪快に振り回すスタイルで戦う。通常技・紋章技ともにリーチがかなり長く、けん制・対空・飛び込み・連続技と一通り技が揃っているので、状況に応じて技を使い分けることができればかなりの強さを発揮する。
 やや技の隙が大きいものの、移動速度は遅くなく体力も平均的で、ジャンプも早いので、そんなに一方的に隙を突かれることは少ないだろう。
 固有紋章「燕(つばくろ)の紋章」は、リーチの長い衝撃波を繰り出す技が多い。Lv2「飛燕斬」は攻撃判定が非常に強く、追い詰められた状況からの切り返しに重宝する。またLv3「飛燕天地斬」は無敵時間こそないものの絶大なダメージを誇り、連続技の締めとして大活躍する。
 ただ、リーチが長いといっても飛び道具はもっておらず、密着するほどの至近距離と遠距離戦は苦手。いかに近距離〜中距離を保って戦えるかが鍵。固有能力はないものの、慣れれば慣れるほど素直に強くなる、まさにスタンダードなキャラクター。
 また、とある理由により、ストーリーモードでは一部の敵に止めをさすことができない。衝撃的なエンディングも一見の価値あり。

▲ページトップ


軍艦頭のスピードスター!

■アカギ

攻撃力・B/防御力・C/スピード・SS/リーチ・C/扱いやすさ・D/紋章技・C(フリー/初期紋章・なし)
●空中からの奇襲攻撃が強い!
 アカギは単発の攻撃力こそ低いものの、全キャラ中最速の移動スピードとジャンプスピードを持ち、さらに空中技が非常に強い。加えてジャンプの高度が低く、全キャラで唯一三段ジャンプが可能なうえ、空中で三回までダッシュができる固有能力を持つ。そのスピードと合わせてジャンプ攻撃が見切られにくい、奇襲攻撃に特化した性能を持つキャラクターだ。
 ジャンプ弱攻撃が横方向に、ジャンプ強攻撃が縦方向に強く、生半可な対空技など簡単に潰せてしまう。まともな対空技を持たない相手なら、なにも考えずにどんどん飛び込んでいくだけで、それなりに勝ててしまうほど。
 ただし、逆に言えば奇襲攻撃しか攻め手がないので、攻撃が単調になりがちなのが欠点。また、移動スピードがあまりに速すぎるのが逆に仇になり、慣れないうちは操作が難しく、相手がたまたま出した攻撃に自ら突っ込んでしまうなどカウンター攻撃の格好の餌食になってしまう。
 アカギ自身が強い対空技を持っていないこともあり、逆にジャンプ攻撃で上から押さえつけられると、対応できないのも難点だ。
 紋章は「雷の紋章」が最も相性がいいが、アカギはもともと動いてなんぼのキャラであり、隙を作りやすい紋章魔法は逆に窮地に立つこともあるので、へんに意識する必要はない。
 初心者用に見えて、実は玄人向けのキャラクター。

▲ページトップ


遠近自在の女ニンジャ

■ミズキ

攻撃力・B/防御力・C/スピード・A/リーチ・C/扱いやすさ・B/紋章技・A(固定・もずの紋章)
●狙うは最強の投げ技「もず落とし」!
 アカギに次ぐ全キャラ2位の移動スピードと、固有紋章「もずの紋章」を持つくのいち。
 ミズキといえば異常なほどの高性能さが売りの必殺投げ「もず落とし」が圧倒的な存在感を持つ。出がかりに無敵時間があり、多少相手が離れていても投げることができ、さらにダメージも非常に大きいうえに、LV1のためゲージもほとんど消費しない。至近距離の攻防ではほぼ無敵といっていいだろう。
 防御力は高くないため安易な行動はできないものの、中間距離でうろうろしながら相手の隙をうかがい、いきなり近づいてもず落としで投げる戦法が非常に強い。移動速度もアカギほど極端に速いわけでもなく「普通に素早い」くらいなので、アカギよりは初心者向けのキャラクターといえる。
 ただ、地上戦ではかなりの強さを発揮するものの、ジャンプがかなり高く、しかも滞空時間が長いゆったりした動きなので、下手に飛び込むと対空技の格好の餌食になってしまうという、アカギとは真逆の弱点も持っている。繊細な攻めを心がけよう。

▲ページトップ


そこで痺れろ!憧れろ!

■ジーン

攻撃力・C/防御力・D/スピード・D/リーチ・A/扱いやすさ・C/紋章技・SS(固定・雷鳴の紋章、魅惑の紋章)
●遠距離攻撃を得意とするガンナータイプ。
 ジーン最大の特徴は、なんといっても固有紋章である「雷鳴の紋章」による超破壊力の遠距離攻撃と、「魅惑の紋章」による特殊な防御だ。
 お互いが画面両端になるくらいまで相手を引き離して、隙の少ない数々の雷攻撃(飛び道具)をガンガン撃ちまくれば、ほぼなにもさせることなく完封勝ちすることも難しくない。「紋章ゲージが時間経過で自動回復」という固有能力が、その破壊力をさらに使いやすくしている。
 また「魅惑の紋章」は、相手が飛び道具系の攻撃を出したときに、相手を強制的にジーンの目前にワープさせ、ダメージをそのまま相手に受けさせるという特殊な防御効果を持つ。1ラウンドに2回しか使えないが、ジーンの防御の要となる。
 ただ、ジーン自身は移動速度が極端に遅い上に、防御力が全キャラクター中もっとも低い。通常攻撃も強いものがなく、近距離〜至近距離では、できることが全くないといっていい。一度敵に接近を許せば、今度は自分が何もできずに一方的に瞬殺されてしまうだろう。
 唯一けん制に使え、連打キャンセルが効く絶ち弱攻撃(ビンタ)と「魅惑の紋章」を上手く使っていかに相手から逃げまくるかが、勝利の鍵となるだろう。
 ほぼ紐にしか見えない過激な衣装とセクシーなモーションに目がいきがちだが、勝ちつづけるのは難しい!

▲ページトップ


ミス・ストレンジワールド

■ビッキー

攻撃力・D/防御力・SS/スピード・C/リーチ・C/扱いやすさ・D/紋章技・S(固定・瞬きの紋章)
●設置型のトラップ技とワープ技を駆使するトリックスター。
 固有紋章「瞬きの紋章」を使いこなせるかどうかで、劇的に強さが変わるキャラクター。「瞬きの紋章」は、他の紋章と比べて魔法で消費するゲージ量が極端に少なく、Lv3「それ!」で相手を強制的にワープさせたり、Lv1「そぉれ!」で自分が画面内の好きな場所にワープしたりと、試合にならないほどめちゃくちゃに場を荒らすことができる。
 ジーンのように紋章ゲージが自動で回復することはないため、ある程度は自分から攻撃しなければならないが、体力的に勝っている状態でゲージをためて完全に逃げに入れば、もうほぼ勝利は確定したも同然だ。
 魔法タイプのため、肉弾戦はあまり強くない。通常移動・ダッシュともに、前進よりも後退のほうが速い、という特徴を生かして、つねに防御方向にレバーを入れながらリーチの長い杖攻撃で相手をけん制するのが主戦法となる。紋章攻撃Lv2「えい!」は、画面の指定した場所に様々な効果のあるアイテムを設置するトラップ技。地上・空中のどちらにも設置できるので、ゲージ効率の良さを生かして画面中に何個も設置して逃げ回るのもおもしろい。

▲ページトップ


礼儀正しき婚活拒否娘

■ミレイ

攻撃力・B/防御力・A/スピード・B/リーチ・C/扱いやすさ・A/紋章技・C(フリー/初期紋章・風の紋章)
●無敵の固有能力が光る!
 ミレイの強さは、固有能力の「オート投げはずし」に拠るところが大きい。見合いを拒否して家出したという設定からか、密着状態からの相手の通常投げでは投げられない(相手が自動的に投げ失敗動作にうつる。ただし、もず落としなどの紋章攻撃による投げ技では投げられてしまう)。
 しかも、オートで投げはずしが発動したあとはミレイのほうが先に動けるため、こちらから一方的に攻撃することができる。相手の通常技が投げ技に化ける、密着するほどの至近距離こそ、ミレイの最も得意とする距離といえるだろう。
 通常技も強力な近距離攻撃がそろっており、逆に遠距離攻撃は弱い。片手剣で戦うためリーチがあるように見えるが、このゲームではカール以外はみな武器を持っているため、実はリーチは平均的。そのため、自分のリーチの外からじわじわ攻められるとかなり辛い。最初から持っている「風の紋章」の遠距離魔法と回復魔法をうまく使って、なんとか密着を狙っていこう。

▲ページトップ


難攻不落のお姫様

■フレア

攻撃力・B/防御力・C/スピード・C/リーチ・A/扱いやすさ・B/紋章技・C(フリー/初期紋章・オオタカの紋章)
●最強のけん制力を生かして近づかせるな!
 弓を用いた遠距離攻撃を得意とするキャラクター。ジーンやビッキーとは異なり純粋な物理攻撃タイプなので、紋章ゲージを使用せずに遠距離通常技で画面端まで届く弓矢でけん制できるのが強み。
 全キャラクターで唯一「しゃがみ専用の遠距離通常技」を持ち、立ち弱攻撃で真横、立ち強攻撃で斜め上30度、遠距離しゃがみ弱攻撃で斜め上60度、遠距離しゃがみ強攻撃で真上と、ボタン一つで各方向に矢を放つことができ、無類のけん制能力を誇る。ダメージは低いものの矢のスピードは速く、フレアの固有能力「クリティカルヒット発生率上昇」(わずかにダメージがあがり、相手ののけぞり時間が少し伸びる)もあって、遠くにいるだけで強い。
 期装備の「オオタカの紋章」は、独自の魔法攻撃に加えて、これら弓矢による通常攻撃のダメージと攻撃判定を上げる効果があるが、特にこだわる必要はない。紋章は変更が可能なので、防御力を上げる魔法がある「土の紋章」や、クリティカルヒット時にゲージ無しでHPが回復する「ドレインの紋章」などと相性がよい。
 接近されるとやや厳しいが、近距離攻撃では弓を大振りに振り回すため、そこそこリーチがあり、密着さえされなければ中間距離でもけん制能力が高い。突き放すのは難しくないだろう。
 なお、フレアの通常投げは弓の弦で相手の首を締め上げる、かなりワイルドな技になっている。

▲ページトップ


自由闊達な海の王

■リノ・エン・クルデス

攻撃力・A/防御力・A/スピード・D/リーチ・A/扱いやすさ・A/紋章技・C(フリー/初期紋章・イッカクの紋章)
●攻防・リーチに優れたバランス型戦士
 リノは娘フレアとは武器が異なり、リーチの長い槍を使う。大柄な体格どおりのパワーファイターで、距離に関係なく安定した攻撃力を持つ。ほぼ押したボタンに応じて予想通りのモーションで攻撃してくれるので、非常に扱いやすいのも特長。
 中間距離から突いたり、空中から突き落としたり、近距離で殴り倒したりと豪快な技が多くゴリ押ししてもいいし、防御力の高さを生かして待ちに徹する防御戦法で逃げ切ることもできる。
 初期装備の「イッカクの紋章」とも非常に相性がいい。真横への直線的な攻撃しかないのが難点だが、打撃系の紋章技でありながら長大なリーチがあり、とくにLv3「参式」は画面の3/4を一瞬で突き刺すため、見てから防ぐのはほぼ不可能。
 固有能力は「強制ガードクラッシュ」。1ラウンドに1回のみ、相手のガードゲージを一気にゼロにし、無防備にすることができる。しかし出るまでの動作が非常に大きく、効果的に使うのは難しい。

▲ページトップ


■スノウ・フィンガーフート

攻撃力・C/防御力・D/スピード・B/リーチ・C/扱いやすさ・B/紋章技・D(フリー/初期紋章・なし)
●追い詰められてからが本当の勝負!
 ラズロと同じ「ガイエン騎士団剣術」で戦う領主の跡取り。片手剣を武器に使いやすい通常技が多いが、ラズロと同じく判定が弱く、ダメージもあまり高くないので接近戦は苦手。中間距離でじわじわけん制していき、隙を狙って飛び込むのが基本戦法となる。
 立派な鎧を着ているため防御力が高いように見えるが、じつは打たれ弱く、油断して居るとあっという間に体力が削り取られてしまうため、つねに緊張感がつきまとうキャラクター。
 しかし、この追い詰められた状況でこそ、スノウの本領が発揮される。スノウの固有能力「悟りの境地」は、「体力が減れば減るほど攻撃力が上がる」というもので、体力が25%を切ると「腕が!腕が動かないんだ!」のボイスとともに自動的に発動する。特に体力が15%を切ったあたりから劇的に与えるダメージが上昇し、剣がオーラを纏うようになり多少だがリーチも伸びる。
 この状態から連続技を決めれば、相手の体力をごっそり持っていくことが可能で、特に「激怒の紋章」(体力が下ると攻撃力がわずかに上がる)と組み合わせれば、相手を体力満タンから一気に即死させるのも難しくない。
 相手の紋章攻撃には非常に弱いので、体力が減ったら自爆覚悟で一気に攻め抜こう。

▲ページトップ