Android 一言レビュー


THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR

(註:SNKファンは読まないほうがいいです)
 長い歴史を持つ人気格闘ゲームを原作に、タップ連打で派手な連続技を決めてクリアを目指す横スクロールアクションゲーム。当サイトではこのシリーズに出てくる「ユリ・サカザキ」のファンコーナーをやっていることもあり、また先行登録で特殊な「ユリ・サカザキ」がもらえるということもあって、私がこのゲームをやらないという選択肢は最初からなかったんですが、実を言うと私はこのゲーム、最初からちょっと胡散臭い目で見てました。
 というのも、この「KOF」の著作権を持っているSNKという会社は、倒産したり復活したりとかなり激動の生涯を送っているのですが、2015年に中国系の投資ファンドに買収されてから撤退していた格闘ゲームの最新作を出したり、CGアニメに進出したり、漫画を何作も出したりと、チャイナマネーで潤ったのが丸分かりな羽振りのよさを発揮してました。
 いや、それらの作品にはユリも出てましたし、キャラのファンとしては確かに嬉しかったですよ。しかし、このゲームは違います。
 SNKは基本的にスマホアプリは中国か韓国の企業に 丸投げ 下請けに出しているのですが、本作は韓国に本社があるネットマーブルの製作。そこが本作のために打った販促(キング・オブ・キャンペーン)というのが、成金趣味丸出しの、「急に大金を手に入れた貧乏人がいかにも考えそうな」、ぶっちゃけ下品な(しかもゲームとほぼ無関係な)ものばかりで、私は「うわぁ〜……」という目で見てました。
 で、本作。私は先行登録していたためか、本リリース前の数日前にインストール。……が、サイズがでけぇ! 初めてのスマホゲームで1.2Gですか! (その後、「Re:お城プロジェクト」のサイズにさらにびびる)
 まぁ、別に横スクロールタップアクションとしては特に語ることも思い入れもありません。一応ストーリーはあるんですが、よく言っても「馬鹿の一つ覚え」。「ゲームの世界に迷い込んで記憶をなくした主人公が、記憶を取り戻す為にKOFに出場しようとするが、なぜか行く先々で敵に襲われ、コレを打ち倒す」、進むステージが延々とコレの繰り返し。本当に、馬鹿の一つ覚え以外の何者でもなく、知性のかけらも感じない。
 また、ステージが進むごとに当然敵が出てきてそれを連続タップで攻撃していくのですが、いわゆる「スーパーアーマー」(こちらの攻撃を受けてものけぞらず、平気で攻撃してくる)のザコがものすごい勢いで増えていくんですよ。これが鬱陶しくて鬱陶しくて。
 さらに、これはゲームが悪いわけじゃなく私の体質なのですが、無料ガチャで出てくるキャラが異常に偏る! 頑張ってポイントをためていよいよ10連ガチャを引いてみると……チャン、チョイ、チャン、大門、チョイ、大門、チャン、大門、チャン、大門。ごめん、全力で言うわ。こんな偏ったキムチーム、一人もいらねーよ!!!!
 よく見るとステージのローカライズもいい加減だし、私にしては頑張ったほうなんですが、二日でウンザリしてアンインストール。結局、私が手に入れた女性キャラは先行登録特典の「ちょうソフトボール ユリ」だけでした。
 あと、ゲームとは関係ないんですが、ちょっとこのゲームのことを検索しただけなのに、AbemaTVで流れるCMやスマホで見るニュースサイトのCMバナーが一時期「KOF ALLSTAR」まみれになりました。本気で殺意を覚えるとはこういう感情なんですね。

(2018.09.01)

目次


スーパーリアル麻雀P8

 このシリーズはいわゆる「脱衣麻雀」というジャンルの草分けにして、非常に長くファンから愛されたゲームです。タイトルからも分かるとおりシリーズ第八作。前作「スーパーリアル麻雀P7」から実に21年振りという最新作。
 これだけ長く間があいた理由は色々と取りざたされていますが、元もとの開発会社が消滅したことと、公式には「脱衣というジャンルが世間のニーズに合わなくなっていった」らしいです。が、最近の家庭用ゲームでは女の子の下着が丸見えなんて珍しいことでもなんでもなく、別に全裸でなくても需要があるのは間違いない。そこでの復活……ということだったのでしょうか?
 サターンで出た前作は姉妹+麻雀の家庭教師+姉妹の別荘のお手伝いさんというメンバーでした。私は麻雀なんて全然分からない(七対子しか知らない)のにキャラデザに惹かれてケツの毛をむしられまくるまでプレイしました(全員脱がしましたが)。
 今回は登場人物がアイドル! 最初は三名しかいませんが、章が進めば十名を超えるキャラが登場するらしいと聞いて、煩悩半分、懐かしさ半分で自分のスマホにインストール!
 設定がアイドルということでいきなりアニメ全開のOPムービーが終わったあと、さっそく対戦! 「ストーリー解除キーの購入しないと1章しか見られません」といきなり不安を感じさせますが、エロ煩悩の前には小さな問題よ! そりゃ、チー! ポン!(基本、私は鳴き麻雀です)
 えーとですね、結果から書きますとですね、私がプレイした段階では、チーやポンはできてもリーチやロンがどうやってもできませんでした。つまり役がそろっても上がれない! どういうことかというと、とりあえずテンパイしてから相手のノーテンに期待して流局にもちこみ、テンパイ点差でノロノロと勝ちを狙うしかないアホみたいな牛歩戦術を強いられます(相手は平気でリーチ→ロンしてきますので、大役を上がられようものなら忍耐心の限界を試されます)。
 後にアップデートで搭載するつもりだったのかもしれませんが、これはそれ以前の話だ、クソバカ野郎どもがッッ!! いくらラインをそろえても全く消えないテトリスですよ。そのまま天井まで積みあがるのを待つしかありません。
 また、一応アイドル三人とも対戦してみましたが、言ってるセリフがほぼ同じにしか聞こえませんでした。ひょっとして全キャラ台本共通? そんなアホな!
 イラストレーターの絵柄の変化もあって、特別にキャラに愛着がわくこともなく、インストールから15分でアンインストールしました。(私がプレーした時点では)核爆弾クラスの地雷です。マイティークラフトのゲームは二度とやらねぇ。

(2018.09.01)

目次